天体写真ギャラリー 

 

より綺麗な画像を見るためには、モニタを 「True Color 24ビット カラー」 以上にして

 

10コの★のうち 8コの★が見えるようにモニタの明るさを調整して下さい。

 

 

M (メシエ)天体

フランスの彗星捜索家として有名なシャルル・メシエ 1771年に彗星と紛らわしい星雲状天体をまとめたカタログ。 

カタログに記載されている天体を「メシエ天体」(M天体)といい、小口径双眼鏡・望遠鏡でも楽しめる星雲星団です。

NGC天体

IC天体

PGC天体

ハーシェル親子が作成した星表に、デンマークの天文学者ドライヤーが新たな天体を加えて発表したNGCカタログ。

頭文字をとったNGC符号につづいて通しナンバーになっています。

太陽系
太陽を中心として、惑星、小惑星、彗星、さらに惑星間に散らばるガスや塵(ダスト)など、太陽と重力的に強く結びつき起源を同じくすると考えられる天体の集りを「太陽系」といいます。

新星

暗い星「恒星」が短期間で急激に増光して肉眼でも見えるような明るさになり、あたかも新しい星が誕生したように輝きはじめる。 

新星・超新星・極超新星 と明るさや規模に応じて呼び名が違う。

星座

紀元前 メソポタミアの羊飼いたちは、羊の番をしながら夜空を見上げ明るい星に名まえをつけたり星の並びを結んで、天空に絵や図形を描いた。 後にギリシャに伝わり神話や伝説と結びついて、現在の星座の神話が完成されました。 88星座あります。

星景写真

タイムラプス動画

星空と地上の風景をいっしょに撮影した写真。

カメラを三脚に固定し数秒から数分間の一番シンプルな撮影ですが、一番感性が求められるのかも・・・

 

 

 

 

 

 

このページは   より リンク されています。

TOP資料の検索データベース・ナビゲーション・サービス > 自然科学 > 44 天文学.宇宙科学 > 442 実地天文学.天体観測法 > No4

 

 

 

 

2000.04.01作成

2002.03.02更新

2002.09.28更新

2005.08.28更新

2006.04.29更新

2008.10.26更新

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              


無料ホームページ