土星  Saturn


戻る

<撮影データ>

2017年 7月  20日   21h 02m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射

IRフィルター + 5×パワーメイト + ADC + Skyris 618C

RegiStax SI 画像処理

 

<コメント>

今シーズンのベストショットです。

<撮影データ>

2016年 8月  7日   20h 46m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射

IRフィルター + 5×パワーメイト + ADC + Skyris 618C

RegiStax SI 画像処理

 

<コメント>

今回は大気色分散補正ADC可変プリズムを使用しました。

スッキリとした土星となりました。

<撮影データ>

2016年 6月  11日   1h 6m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 

5×パワーメイト + IRフィルター + Skyris 618C

RegiStax SI 画像処理

 

<コメント>

久々の撮影です。 

低空なので大気による色分散でリングに色が出てしまっています。

<撮影データ>

2015年 7月  11日   20h 21m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 

5×パワーメイト + IRフィルター + Skyris 618C

RegiStax SI 画像処理

 

<コメント>

久々の撮影です。 

シーイングのいい日がないです。

<撮影データ>

2014年 4月  8日   1h 39m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-0℃)

 

RGB=0.2秒×15

ステライメージ7  画像処理

 

<コメント>

リングが開いてきました。

<撮影データ>

2013年 5月  26日   21h 09m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-0.2℃)

 

RGB=0.4秒×30

ステライメージ6  画像処理

 

<コメント>

リングが開いてきました。

<撮影データ>

2012年 5月  19日   21h 49m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-1℃)

 

RGB=0.4秒×188

ステライメージ6  画像処理

 

<コメント>

リングが開いてきました。

<撮影データ>

2011年 5月  21日   22h 42m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-1℃)

 

RGB=0.2秒×41

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

20日間でリングに落ちる本体の影の変化がわかります。

<撮影データ>

2011年 5月  2日   21h 19m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.2秒×28

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

リングが開き土星らしくなってきました。

<撮影データ>

2010年 5月  9日   21h 41m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-15℃)

 

RGB=0.2秒×49

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

土星本体にリングの影が落ちています。

<撮影データ>

2009年 3月  22日   0h 12m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-15℃)

 

RGB=0.2秒×25

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

良いシンチレーションでした。

2月よりすこし輪が開いてきました。

<撮影データ>

2009年 2月  11日   5h 13m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射

5×パワーメイト + ToUcam ProII

アイダス 赤外カットフィルター

 

RGB = 1/25秒×700

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

シンチレーションが悪いのでToUcamで撮影してみました。

<撮影データ>

2009年 2月  11日   4h 46m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-20℃)

 

RGB=0.2秒×25

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

シンチレーションが今一でシャープに写らない(^^;

<撮影データ>

2009年 1月 3日   3h 39m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.2秒×30

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

ボケボケの土星ですが細くなったリングが特徴的です。

<撮影データ>

2008年 4月 30日   20h 34m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.5秒×30

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

かなり安定していた空でした。

久々に冷却CCDでの撮影です。

<撮影データ>

2008年 4月 16日  20h 47m

D250mm f1250mm F5.0 反射            

5×パワーメイト + ToUcam ProII

アイダス 赤外カットフィルター

 

RGB = 1/25秒×1500 

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

空の抜けが悪いので色が出てきませんね。

<撮影データ>

2008年 3月 2日  0h 39m

D250mm f1250mm F5.0 反射            

5×パワーメイト + ToUcam ProII

アイダス 赤外カットフィルター

 

RGB = 1/25秒×1600 

ステライメージ5  画像処理

 

<コメント>

衝の土星です。リングに本体の影がありません。

<撮影データ>

2007年 5月 3日  20h 27m

D250mm f1250mm F5.0 反射            

5×パワーメイト + ToUcam ProII

アイダス 赤外カットフィルター

 

RGB = 1/25秒×1200 

ステライメージ5 + RegistaxV2 画像処理

 

<コメント>

ボケボケです(^^;

<撮影データ>

2007年 4月 30日  20h 05m

D250mm f1250mm F5.0 反射            

5×パワーメイト + ToUcam ProII

アイダス 赤外カットフィルター

 

RGB = 1/25秒×1300 

ステライメージ5 + RegistaxV2 画像処理

 

<コメント>

シーイング 3/5 透明度 4/5  もう少しシャープに写ってくれても・・・(^^;

やっぱり高価な機材より 高シンチレーション ですな!!

<撮影データ>

2007年 4月 27日  20h 00m

D250mm f1250mm F5.0 反射            

5×パワーメイト + ToUcam ProII

アイダス 赤外カットフィルター

 

RGB = 1/25秒×1700 

RegistaxV4 + ステライメージ5 画像処理

 

<コメント>

新しいシステムでのテスト撮影です。

この元の動画は こちら   WMV 811KB  です。

<撮影データ>

2007年 3月 17日   22h 57m〜    

ステラナビゲータにて

<撮影データ>

2007年 3月 17日   22h 57m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-15℃)

 

土星=0.8秒  衛星=1秒

ステライメージ5  合成

 

<コメント>

シンチレーションが悪いので衛星を撮影(^^; 

<撮影データ>

2007年 3月 17日   22h 36m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-15℃)

 

RGB=0.1秒×289

RegistaxV2 + ステライメージ5

 

<コメント>

2007年 初の土星撮影です。

<撮影データ>

2006年 3月 26日   23h 7m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-10℃)

 

RGB=0.2秒×345

RegistaxV2 + ステライメージ4

 

<コメント>

なかなかシンチレーションが安定してくれません

<撮影データ>

2006年 3月 14日   23h 10m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-20℃)

 

RGB=0.1秒×353

RegistaxV2 + ステライメージ4

 

<コメント>

2006年今シーズン初の土星。

<撮影データ>

2005年 2月 27日   00h 6m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.2秒×24

ステライメージ4 

 

<コメント>

下と同じ元画像をステライメージ4にて24枚のコンポジットです。

<撮影データ>

2005年 2月 27日   00h 6m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL15mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-15℃)

 

RGB=0.2秒×307

RegistaxV2 + ステライメージ4 

 

<コメント>

久々に接眼レンズを使用して撮影してみました。

<撮影データ>

2004年 11月 10日   04h 53m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + VL10mm

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-10℃)

 

RGB=0.2秒×230

RegistaxV2 + ステライメージ4 

 

<コメント>

久々の撮影です。

<撮影データ>

2003年 9月 17日   4h 39m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + 2倍バーロ + 2.4倍バーロ

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.3秒×200

Registax + ステライメージ3 

 

<コメント>

5日よりはちょっといいかな〜

<撮影データ>

2003年 9月 5日   4h 21m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + 2倍バーロ + 2.4倍バーロ

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.15秒×200

Registax + ステライメージ3 

 

<コメント>

29日よりはちょっといいかな〜

<撮影データ>

2003年 8月 29日   4h 24m〜    

D 250mm f 1250mm F5 反射 + 2倍バーロ + 2.4倍バーロ

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-5℃)

 

RGB=0.1秒×200

Registax + ステライメージ3 

 

<コメント>

25センチ反射 + BJ-40C による初土星です。 

シンチレーションが安定しないので、ボケた土星が残念です。

<撮影データ>

2003年 3月 21日  19h 18m〜  

D180mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-40C 冷却CCDカメラ (-15℃)

 RGB=ビニングなし            

 1秒×8 

 

<コメント>

BJ-40C による初惑星画像です。 シンチレーションが安定せずボケボケの土星ですね。

<撮影データ>

2002年 12月15日  1h 37m〜  

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-15℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=0.2秒×3 R=0.4秒×2 G= 0.4秒×4 B= 0.4秒×4  

 

<コメント>

12月にしてはシーイングの良く、25cmでの眼視ではエンケも見える安定度です。

帰宅して18cmで撮影してみたのですが9月のシーイングには勝てません。

<撮影データ>

2002年 9月11日  3h 20m〜  

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-15℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=0.3秒×3 R=0.4秒×2 G= 0.4秒×3 B= 0.8秒×3  

 

<コメント>

今年の土星はおうし座の角の先付近にいます。

リングは最大に傾いていて 土星本体より開いて見えます。

 

【 星ナビ 2003年 1月号 星ナビギャラリー入選 】

<撮影データ>

2001年12月12日  21h 37m〜  

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-15℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=0.2秒×2 RGB=2000年11月25日を使用

 

<コメント>

12月にしてはシンチレーションの良い晩でした。 しかし、10月21日の画像と比べるとボヤケていますね。

<撮影データ>

2001年10月21日  3h 45m〜  

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-15℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=0.2秒×2 RGB=2000年11月25日を使用

 

<コメント>

L画像を撮影中に曇ってしまい、RGBは昨年の11月25日の画像をぼかしLRGB合成しました。

<撮影データ>

2001年7月15日  4h 13m〜  

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-5℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=0.2秒×4 R=0.4秒×3 G= 0.4秒×3 B= 0.4秒×3  

 

<コメント>

今シーズンの初土星の撮影です。 惑星の撮影は薄明が始ってからでもOKです。

<撮影データ>

2000年11月25日  0h 02m〜  

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-20℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=1/4秒×5 R=1/2秒×5 G= 1/2秒×5 B= 1/2秒×5  

 

<コメント>

11月後半にもなるとシンチレーションの良い日が少なくなります。

<撮影データ>

2000年8月29日 3h 35m〜          

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-10℃)

 LRGB=2×2ビニング            

 L=1/2秒×2 R=1秒×2  G=1秒×2  B=1秒×2    

 

<コメント>

LRGB合成してみました。  8/6より拡大率を上げましたが、シャープではないですね。

<撮影データ>

2000年8月6日

D185mm f990mm F5.5 反射       OR12.5mm          

ビットラン BJ-32L 冷却CCDカメラ (-5℃)

  RGB=2×2ビニング            

 R=1/2秒×6  G=1/2秒×6  B=1/2秒×6

 

<コメント>

冷却CCDカメラによる初めての土星の画像です。 惑星の撮影でもCCDカメラの素晴らしさが実感できました。

もう少し拡大率を上げたかったのですがシンチレーションが安定せず残念でした。

 

 

TOP     戻る