NGC 5128  ケンタウルス座A

ケンタウルス座

銀河

赤経 13h25m30.0s 赤緯 -43゚01'00"

光度 7.0等

視直径 18.2′

距離  2400光年

 

撮影データ

2017年 3月 3日

SHARPSTAR AL-107PH + 0.8R ( fl:556mm F5.2 )

アトラスEQ-G New NexGuide オートガイダー

Canon EOS Kiss Digital X5 (SEO-SP4C)

IDAS/SEO HEUIB-II-FF

ISO : 1600   RAW : 5分×12

DSS

ステライメージ7  画像処理

PS

撮影地 : 西みかぼ (群馬)

 

 

コメント

 この銀河を撮るのが少年時代からの夢でした。

 

 

 

(紹介)
強力な電波源としても有名な楕円銀河。ケンタウルス座にある。見かけの大きさは満月の3分の1ほど。大型望遠鏡で撮影すると、ややつぶれた円形で、真ん中を横切る暗黒物質の筋が生なましく確認できる。たいへんに活発な活動を続けていて、X線像や電波像で観察すると、銀河の両極方向に銀河ジェットの噴出が確認できる。銀河中心部に巨大ブラックホールの存在などが考えられている。

 

上記の説明文は アストロアーツのマルチメディア天文シュミレーション ステラナビゲータ (天文事典)より引用しました。