NGC 22373946  ばら星雲

いっかくじゅう座

散光星雲

赤経 06h30.3m   赤緯 +05゚03'

光度 6.0等

視直径 60′

距離  4600光年

 

撮影データ

2016年 12月 30日

SHARPSTAR AL-107PH + 0.8R ( fl:556mm F5.2 )

アトラスEQ-G New NexGuide オートガイダー

Canon EOS Kiss Digital X5 (SEO-SP4C)

IDAS/SEO HEUIB-II-FF

ISO : 1600   RAW : 5分×33

DSS

ステライメージ7  画像処理

PS

撮影地 : 妙義山 (群馬)

 

 

コメント

 いっかくじゅう座のバラ星雲を暗い空でたっぷり露光しました。 2時間45分 露光

 

他の NGC2237 バラ星雲 画像

FUJINON 200mm カラー       2002.10.02

Nikon 300mm Hα+カラー        2003.10.01

SHARPSTAR AL-107PH + 0.6R ( fl:413mm F3.9 )       2016.11.29

SHARPSTAR AL-107PH + 0.8R ( fl:556mm F5.2 )     2016.12.30

SHARPSTAR AL-107PH + 0.8R ( fl:556mm F5.2 )  SAOナローバンド   2017.12.23

 

 

 

(紹介)
いっかくじゅう座の散光星雲。実際には、NGC2237〜39、NGC2246の4個の星雲・星団が集まったもので、見かけの大きさは満月の2倍ほど。写真で撮影すると、バラの花のような赤い星雲の姿が浮かび上がるので、この愛称がある。バラの花びらの部分には、入り組んだ暗黒星雲のすじや暗黒物質の黒い点などが分布しているのがわかる。この黒点はグロビュール(胞子)と呼ばれ、ガスやダストが収縮しつつある星形成段階にある。星雲の中央にはまるでバラの花粉のような散開星団NGC2244が美しい。双眼鏡だと散開星団NGC2244はとらえられるが、散光星雲の方は淡いので、双眼鏡や望遠鏡を用いてもたいへん見づらい。

 

上記の説明文は アストロアーツのマルチメディア天文シュミレーション ステラナビゲータ (天文事典)より引用しました。